夏休み期間中や年末年始はほとんど休みが取れないことがある

長距離ドライバーの勤務時間は、勤務先の事業内容や営業範囲などによりますが、日勤の他に早番、遅番といった不規則な時間の勤務を担当することがあります。最小限のドライバーが仕事を回している運送会社や物流会社では、繁忙期を中心に連日でハードな時間帯の勤務を任されるケースもあります。 特に、夏休み期間中や年末年始などの道路が混雑しやすいシーズンは、拘束時間が長くなったり、自分の思い通りに休日が取れなくなったりすることもあるため、就職をする前に担当者とよく話し合うことが大事です。また、経験豊かなドライバーは、会社によって本来の業務だけでなく、新人ドライバーの教育係に任命されることもあるため、プライベートの時間をしっかりと確保したい人は注意しましょう。

勤務時間の合間にこまめに休憩をとるように心がけよう

長距離ドライバーは、高速道路を走行する時間が長いこともあり、眠気や疲労などと闘いながら仕事をこなしている人が少なくありません。そうした状況の中、長距離ドライバーとして業界内で長く勤めるには、勤務時間の合間にこまめにパーキングエリアやサービスエリアなどで休憩したり、同乗する仲間と交互に仮眠を取ったりすることが大切です。 また、大人数の長距離ドライバーを抱える運送会社の中には、正社員以外に色々な雇用形態のドライバーを採用して、一人あたりの業務の負担を軽くしようと取り組んでいるところもあります。そこで、就職後に休日や勤務時間などの点で悩まないためにも、身近な地域にある運送会社の見学をしたり、現役のドライバーに話を聞いたりして自分に合う職場を見つけましょう。

ドライバーの派遣は、特別な行事や大規模のパーティー、冠婚葬祭といった多様なシーンで重宝されています。