正社員のドライバーは夜勤を任される会社が多い

タクシードライバーの勤務形態は、日勤や早番、夜勤など色々ありますが、正社員としてタクシー会社に就職をする場合には、繁忙期を中心に夜勤を担当する機会が多くなることがあります。また、幅広い年齢のドライバーが在籍するタクシー会社の中には、離職率の低下を目的として、正社員の勤務シフトの希望を通りやすくしたり、一日あたりの勤務時間を短くしたりしているところもあります。 一般的に、業績が良いタクシー会社においては、正社員のドライバーが夜勤を担当する度に高額の手当が支給されることもあり、中高年者や業務経験が少ない人も安定収入を得ることが可能です。また、夜勤をメインに担当する場合には、勤務時間の合間や勤務終了後にしっかりと休息が取れる会社を見つけることが大切です。

派遣やパート社員のドライバーは自由な働き方を選択できる

派遣やパート社員としてタクシー会社で働くドライバーは、正社員と比べて働きたい曜日や時間帯などを選択しやすいといった利点があります。ドライバーが不足しがちなタクシー会社の中には、正社員の代わりに派遣やパート社員のドライバーを積極的に受け入れているところもあり、タクシーの乗務経験がない人やブランクの期間が長い人も働きやすい状況となっています。また、派遣やパート社員としてタクシー会社に勤める場合には、会社によって正社員と基本給やボーナス、福利厚生の面などで不利になることがあります。こうした悩みを解消したい人は、求職活動中に雇用形態にかかわらずドライバーの処遇改善に努めているタクシー会社を見つけることが大事です。